広島 包茎

広島の包茎手術専門クリニック

包茎手術の傷跡


包茎手術を受けた場合傷跡が残るか?。

日本人男性の大半の方が真性包茎又は仮性包茎であると言われております。

しかし、包茎手術を受けさえすれば簡単に治せるのではないかと思われますが、手術を受ける際の不安要素として最も挙げられるのが患部に傷跡が残るか?という点があります。

陰茎に傷跡がクッキリと残ってしまうという事は男性にとってとても重要な事なのです。

しかし、現状は残念ながら通われているクリニックに在籍している医師の手腕によって傷跡が残るのか否か差が出てしまうケースがあると言えます。

そのため、もしも手術をご希望であるならばインターネットなどを用いてどのクリニックが良いのかを徹底的に調べ、どこが良くてどこが悪いのかを見定める必要があると言えます。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術ははたしてバレない?


包茎手術を行ったらバレる?。

包茎は誰にも言いたくない悩みだと思います。

なので、包茎手術を行ってもバレる?と思っている方は多いと思います。

ですが、包茎手術は他人にバレる心配はないです。

医師には守秘義務があるので家族からの問い合わせにも答えないのです。

手術痕は他人が見てもわからないです。

ですが、安いだけで包茎手術の病院を決めてしまうと後遺症で悩む場合があります。

常に引っ張られている感じで痛いや、傷跡がくっきり残っていて見栄えが悪いなどたくさんの後遺症に悩んでいる男性は多いです。

なので、どこの病院でも無料のカウンセリングを行っていますのでそこできちんとカウンセリングを行い、高技術で安心できるところで手術をすることをおすすめします。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術にかかる所要時間


包茎手術は、手術としては局部的な外科手術のため短時間で処置が完了します。

 処置内容を簡単に説明します。

 まず、術日当日の健常状態を確認します。

 その後、医師との面談を行ないます。

そこでは、当日の健康状態の診察を行ない、その後、施術の内容について、具体的な術例をしめしながら、説明を受けます。

また、局部麻酔を使った包茎手術になることと、総合的な内容確認、そして、施術への同意の意思を確認します。

 続いて、手術室で衣類や下着を脱いで、準備をおこないます。

 ベッドに横になると、局部麻酔が注射されます。

 また、余分な切除対象となる皮膚の位置決めが行なわれます。

 そして、麻酔がきいたことを確認の上、専用器具で皮膚を切断します。

 その後、皮膚を縫合して包茎手術は完了します。

 ここまで概ね所要時間は一時間から二時間程度になります。

 術後は、経過が良ければ一週間程度で傷口は閉じ、性交渉などを含めた一般の生活を送れるように成ります。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術のデメリット


包茎手術のデメリットについて。

包茎で悩んでいる男性は少なくないのです。

自分だけなのかと悩んでいる人もいますが実際は包茎の男性は3人に1人いるといわれているのです。

包茎とは男性の陰部の亀頭が包皮でつつまれたままの状態になっている事をいうのです。

しかし手術で治せるのです。

包茎手術は現在では高い成功率といわれていますが手術する事でデメリットもあるのです。

包茎手術のデメリットには皮を切りすぎて常に突っ張った感じがしてそれにより切れてしまったり、傷跡がくっきり残ってしまい包茎手術をした事が分かりやすかったり、性感帯が鈍ってしまったり、むくんでしまい変な形になってしまったりなどがあるのです。

手術を考えているなら病院の先生とよく相談して納得してから行うといいでしょう。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術は高校生でもOK


高校生でも包茎手術は受けることが出来ますが、様子を見たほうが良いこともあります。

高校生や大学生などの未成年であっても、包茎手術を受けることが出来ます。

ただし、未成年が手術を受ける場合には、親権者の同意が必要となる場合がありますので、確認しておくようにしましょう。

包茎手術を行うのは、18歳前後が一つの目安になると言われています。

体の成長は18歳前後で止まると言われています。

ですから、18歳以下の場合には、包茎が自然に治る場合がありますので、手術を急がず待つということも大切になります。

大学生や専門学生が包茎手術を受ける場合には、学割が設定されている場合があります。

このようなクリニックで手術を受けることによって、一般的に手術を受けるよりもお得に手術をうけることが出来るようになります。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術で感覚が鈍くなるかも


多くの男性が抱える悩みとして包茎があります。

包茎手術については、なかなか相談できる環境は少なく、そのままにしてしまっている方も多くいます。

そのため、治療に取り掛かるのが遅くなってしまい、悩みが続いてしまいます。

治療を受けようと考えた方の多くは、他人に陰部を見せることに抵抗があることや、病院のスタッフにじ女性がいたら恥ずかしいと思って断念していますが、最近の病院では関係するスタッフはすべて男性で対応する病院やプライバシー配慮を丁寧に行なってくれる病院等があり、利用がし易いようになっています。

また、術後の後遺症として、「感覚が鈍る?」「色が2色になっている」等との口コミを見て心配になる場合には、受診時にしっかりと説明を聞くことが安心につながります。

 

タグ :     

包茎治療とは?

包茎手術に健康保険は使えるか?


包茎手術で保険が使えるのか?。

包茎手術を行う際に気になる点として痛さや痕などを気にする方もいますが、金銭面でも気になる方もいます。

いわゆる保険が使えるのかということを説明します。

それは手術を行う場所によって異なります。

例えば、専門のクリニックなどの場合は保険は使えません。

全額実費ということになります。

そのメリットとしてはクレジットカードでの支払いが可能で分割での支払いが可能であることです。

では、保険が使える所といいますとそれは病院の泌尿器科で包茎手術を行った場合は保険が適用になります。

但し、病院の場合は待ち時間や手術までの診療などで時間がかかってしまいます。

すばらく行なって貰えないわけでありますが、全て保険が適用になります。

 

タグ :

包茎治療とは?

嵌頓包茎の症状とは?


日本人の男性の半分以上の方が包茎とされています。

この包茎の中には放っておいて大丈夫な包茎とそうでない危険な包茎があります。

自分自身で皮をむく事が出来る場合と皮を剥くと痛みが生じるものまであります。

しかしほとんどが自分である程度剥けるのが普通です。

一般的な包茎はみなさんよく知っていると思うのですが、中には聞きなれない包茎もあります。

そこでカントン包茎とはどのような包茎なのか、あまり耳にしない包茎です。

この包茎は包茎の中でも、もっとも危険で仮性包茎と勘違いされてしまいます。

また包皮も剥くことは出来るのですが包皮が狭いためペニスをうっ血させてしまいひどい場合は皮膚が切れたり、痛みを感じたり締め付けによって壊死してしまったりします。

ですのでセックスは危険です、また亀頭がしっかり露出できていないので女性はあまり感じる事ができません、手術が必要な包茎になります。

 

タグ :

包茎治療とは?

包茎手術後スポーツはいつからできるか?


包茎手術を受ける患者さんにとって、気がかりなことは色々とありますが、その中の一つとして「スポーツはいつからできるか?」というものがあります。

部活動やサークルなどで日頃からスポーツをしている方々にとっては、体を鈍らせないために、少しでも早く練習を再開したいものです。

しかし、他の手術と同様に、包茎手術においても患部は縫合しています。

ですから、そう短期間で激しい運動をするわけには行かないのです。

(術後すぐに激しい運動をしてしまうと、縫合箇所が綺麗に治らない可能性があります。

)勿論、術後の経過や個人差はありますが、平均としては、術後3~4週間でスポーツ(激しい運動)が出来るようになると言われています。

 

タグ :

包茎治療とは?